顎関節症と顔の歪み

こんにちは。ソアレ代表の河野です。

本日、美容鍼で来院された患者様に

顎関節症の方がいらっしゃいました。

顎関節症とはあごの周辺の関節、靭帯、筋肉に

異常があり、口を開ける時に痛みがある方や

食べ物を噛む時にあごが鳴る方など

人によって症状が違います。

特に20代~30代の若い女性に多いのです。

原因も様々で、歯ぎしり、くいしばり等で

筋肉が異常に緊張し顎関節に負担をかける事があります。

仕事や家庭での精神的ストレスも原因になります。

歯が悪く、片方でしか物を噛まない方も非常に多いですね。

その他、ほおづえをついたり、猫背の状態が長時間続いて

あごに負担がかかるケースもありますね。

上記の事が当てはまる方は、今は症状がなくても

将来的に顎関節症になるリスクが高いと言えます。

そしてこの状態があると、もうひとつ出てくる症状

お顔の歪みです。

片方のよく噛む側の頬の筋肉は発達しやすく

左右で筋肉の緊張が違うため

お顔が歪んで見えるようになります。

この歪みの対処法としては

歯が悪い方はやはり歯医者で治療をした方がいいですね。

噛み合わせが良くなると歪みも改善しやすくなります。

くいしばりがきつい方は寝ている時にマウスピースをして

噛みしめを少しでも緩和させましょう。

片側で噛んでる方は普段噛まない側でガムを噛んだり

悪い姿勢を意識的に正すようにすることで

あご周辺の筋肉の緊張、左右差を緩和させる事ができます。

頬やこめかみの筋肉をご自分でマッサージするのも効果的です。

とにかく筋肉の左右差をあまり出さないように気をつけましょう。

当院では歪みをしっかり見つけ施術を行います。

お顔の歪みや、たるみ、あごの痛みがある方はご相談下さい。

https://www.soare2018.com

「整骨・はりきゅうルーム ソアレは尼崎市東園田にある、美容鍼、体のゆがみ・骨盤矯正専門整体鍼灸院です。肩こりや頭痛、腰痛につながる体のゆがみ,骨盤のゆがみを根本から治療します。」

#新着情報

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。